現在位置は
です

本文です

VOICE magabon interview

No.12 沢村一樹(俳優・タレント)

沢村一樹――2008年度の「anan」<あなたが選ぶ好きな男・嫌いな男>で、「好きなカッコ面白い男」の5位にランクインされていましたね
「いやぁ、嬉しいですね。ランクインされているなんて知りませんでした。僕が選ばれるなんて、世の中がちょっとおかしくなっていますね(笑)。1位の福山雅治さんも39歳だし、これからは30~40代のオジサン世代が頑張らないといけないのかもしれませんね」

――雑誌の企画といえば、「ATES」11月号の<沢村一樹、妄想七変化。>は面白かったです!
「あの特集は、ATES編集部の方からお話をいただいてスタートしたんです。僕が色んなキャラクターに扮していて、撮影中はずっと楽しかったですね。『エロ裁判』の被告・弁護士・検事の一人三役とか、『エロのエロによるエロのための週刊誌』のイメージ表紙とか…その中でも、ブルース・リーになりきったページが一番こだわったかな。僕がブルース・リー好きだからというのもあるんだけど(笑)」

――俳優デビューする以前は、「MEN’S CLUB」等でモデルをしていましたが、その経験は今のお仕事に活かされていますか?
「デビューしたての頃は、モデルのクセが抜けなくて大変でしたね。『歩き方がそこらへんにいる兄ちゃんに見えない』って言われて、モデルっぽい雰囲気を消す作業から始まりました。『もうちょっと姿勢を崩せ』とか、事務所から指令が飛んできて(笑)。ただ、役者って、生かすも殺すも自分次第だと思うんです。だから、今はモデルで培った経験を使い分けて、演技に活かしています」

――では最後に、「センター・オブ・ジ・アース」の見所を教えてください
「一番の見所は3Dです。恐竜が飛び出してきたり、海で変な魚に遭遇したり、子供から大人まで文句なしに楽しめると思います。アトラクションは怖くて乗れないけど少し興味がある、そんな人にもオススメですね。実は、僕のカミさんも高所恐怖症でアトラクションはちょっと苦手なんだけど、子供を連れて4人で観たら楽しいだろうなぁ」

センター・オブ・ジ・アース
(C)MMVIII NEW LINE PRODUCTIONS,INC.AND WALDEN MEDIA,LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

センター・オブ・ジ・アース
2008年10月25日(土)より
TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー
公式サイト



VOICE バックナンバー

現在位置は
です