現在位置は
です

本文です

VOICE magabon interview

No.36 ユースケ・サンタマリア(俳優、タレント、歌手)

雑誌を創るなら“ユースケ本”。
宮藤官九郎さんと一緒に、最高のエロ本も創りたいですね。

演劇界に衝撃を与え、岸田國士戯曲賞に輝いた宮藤官九郎の舞台「鈍獣」。その異色作が、宮藤官九郎自ら脚本を練り直し、新進気鋭の映像クリエイター・細野ひで晃を監督に迎えて映画化。
物語の主人公は、とにかく鈍感な小説家「凸やん」こと凸川(浅野忠信)。小説のネタにしていた幼なじみの「江田っち」(北村一輝)と「岡本」から命を狙われるが、鈍い「凸やん」はいくら殺されても全く気づかないし、死なない…!?という不思議なストーリー。
今回は、ヘタレでお調子者の警官・岡本を演じるユースケ・サンタマリアに単独インタビューを敢行。岡本になりきったポーズが決まった所で、独特なストーリーと豪華キャストでおくる本作の魅力を直撃。

ユースケ・サンタマリア

――本作に出演した感想は?
「監督もキャストも今をときめく人ばかりなので、彼らと撮影できてとても光栄です。脚本の宮藤さんとは、色んな縁があって何度もご一緒させていただいているんですよね。最初にお会いしたのは、僕が主演の『今何待ち?』というドラマ仕立てのバラエティ番組で、宮藤さんが脚本を担当していたのでそこで知り合いました。それ以降、宮藤さんのドラマや映画には何度も出演させてもらっています。僕は宮藤さんと同い年ということもあって信用しているし、宮藤さんもそういう気持ちでいてくれたら嬉しいです」

――岡本とユースケさんの似ている部分は?
「岡本は『ユースケ・サンタマリア』というパブリックイメージに近いキャラクターです。岡本はほとんど僕と言ってもいいくらいではないでしょうか。実は、ここまでイメージ通りの役ってやったことがないんです。バラエティ番組でいつもふざけているけど、ドラマでは“まじめなユースケ”という感じですからね。だから、いつも以上に思い切り演じました。ただ、ここまで思い切れる役ってないから、とにかく疲れましたよ(笑)」

――浅野忠信さん、北村一輝さんなど、個性的なキャストに囲まれた撮影現場は?
「すごく楽しかったです。現場の雰囲気が良くないと撮影にも響くので、仲良くできて本当に良かったですよ。『鈍獣』は出演者が少ないし、雑居ビル内での撮影がほとんどだったから、これで雰囲気が悪いと気分も最悪だったでしょうけど(笑)そういえば、撮影部屋の階下がカラオケボックスで、そこが控え室だったんですよ。ちょうどオリンピックシーズンだったから、たくさん並んだテレビ画面の前に陣取って、皆と一緒に盛り上がりました」



VOICE バックナンバー

現在位置は
です