現在位置は
です

本文です

VOICE magabon interview

No.36 ユースケ・サンタマリア(俳優、タレント、歌手)

ユースケ・サンタマリア――本作では江田っちが「東京に負けた~♪」と歌うシーンがありますが、大分出身のユースケさんが東京に負けていると感じる点は?
「負けていると言ったら、全部負けていますよ(笑)ただ、そういうコンプレックスが僕のキャラクターになっていると思います。デビュー当初から“おのぼりさん”の雰囲気でテレビに出て、いまだにそのテンションが続いていますから。僕が東京生まれだったらもっと落ち着いていたはず。“おのぼりさん”は一生治らないでしょうね。海外に行ってもテンパってしまうし、どこに行っても“おのぼりさん”なんです。そういう点では、何もかも負けっぱなしですね。ただし、東京に勝とうとも思ってないんですよ。あくまでも僕は、東京と仲良く共存していきたいです(笑)」

――俳優、タレント、歌手と多彩な才能を発揮するユースケさんが、雑誌をプロデュースするなら?
「“ユースケ本”ですね。僕の愛用品とか僕の好きなものとかを、ひとつひとつしっかり丁寧に紹介する雑誌を創りたいです。例えば、『先月のユースケの買い物リスト』とか、『ユースケの休日』とか。僕からのメッセージは一切書かれていなくて、僕の身の回りのものしか載せないんです。僕がその雑誌に出てくるとしたら、好きなブランドの製作者に話を聞きに行くくらいかな。あとは、僕の好きな女優さんとお忍びデートとか、好きなAV女優と対談!なんて企画も作りたい。そこで仲良くなって、あわよくば…なんてね(笑)」

――以前、宮藤さんにも同じ質問をしたら、「エロ本を作りたい」と仰っていましたよ。
「それ、いいですね。ぜひ僕も一緒に創りたいです!男はきっと、みんなエロに対する趣向が違うんですよ。女性もそうなのかもしれないけど(笑)二人で最高のエロ本を創りたいですね」

「2009「鈍獣」製作委員会」
(C)2009「鈍獣」製作委員会

鈍獣
2009年5月16日(土)より
シネクイントほか全国全国ロードショー
公式サイト



VOICE バックナンバー

現在位置は
です